www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER
|カンボジア|終戦から25年、いまだ貧困にあえぐ戦争未亡人

 

【バッタンバンIPS=サム・リス】

 

1975年から79年までクメール・ルージュ(KR)の支配下で大虐殺を経験したカンボジアでは、1998年時点の政府調査で成人女性の5.2%が未亡人となり、全世帯の4分の1が母子世帯であった。母子世帯の割合は現在19%に減少したが、大量の成人男性が亡くなって男女比のバランスが崩れたことで、残された未亡人は大家族の稼ぎ手として筆舌に尽くしがたい苦労を重ねている。

北部オカンボ村のファン村長によれば390世帯のうち91世帯が未亡人を家長とし、負債を抱えながら、農業に携わって毎日を凌いでいる。スレイ・ラ(65才)の夫は11人の子供を残して1978年に亡くなり、ラ自身もKRに殺されかけた。現在、9人の子供が結婚し、孫が33人。毎朝4時に起床し、歩いて10キロ先の畑に行きスイカを栽培する。300キロの米の収穫は地代となり、スイカの収入も借金の返済に費やされ、自由に動くことができること意外、生活ぶりは戦時中と変わらない。

国際女性デー、性奴隷にとっては絵に描いた餅

 

【パリIPS】年間数百万人に及ぶ欧州への旅行者のうち、数十万人が性奴隷という身の上となっている。彼女たちにとって、国際女性デーは、ほとんど何も意味しない。

「この問題における数字については実に慎重を期す必要があります」と、フランス人弁護士でこの度出版された人身売買と性奴隷をテーマとした本の著者マティアダ・ンガリピマ氏は、IPSの取材に答えて語った。「しかし、性的搾取に反対して活動しているほとんどの多国籍機関やNGOも、欧州においては年間20万人から50万人が非合法な人身売買組織の犠牲者となっているという点で合意している」