www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER

|パレスチナ|花とイチゴとミサイルと

【ガザ地区ベイト・ラヒヤIPS=モハメッド・オメール】

ガザは、肥沃な土地と豊かな光・雨により、世界有数のイチゴの産地として知られ、その品質の高さからヨーロッパの一流レストランで使用されてきた。しかし、ハマスの勝利以来、米国の支援を得たイスラエルは、23マイルの国境線および地中海沿岸を封鎖。これにより、ガザで栽培される花々、イチゴは流通の道を閉ざされてしまった。

国境の町ベイト・ラヒヤは、イスラエルのシデロットから僅か数マイル。イスラエル軍は、侵入して来てはロケット砲が隠されていると思しき場所をブルドーザーで破壊する。破壊した後で、もしロケット砲が発見されなくても、補償金を支払うことはない。

栽培農家のアーメド・フェルフェルさんは、「死んだも同然だ。灌漑システムや温室、機材は、イスラエルの戦車やブルドーザーでめちゃくちゃにされた」と語る。同家の損失は35,000から45,000ドルに達する見込みだ。

ガザ内6,000戸のイチゴ農家の年間生産は約2,000トン、売上総額は約1千万ドル。通常であれば、その3分の2はイスラエルが50パーセント所有する青果物取引所アグレックスコを通じ出荷される。イスラエルは、昨年11月、花についてはトラック2台、イチゴについては6台の通行を認めたが、再び閉鎖を行った。ガザ農業協同組合のアーメド・アル・シャフィ会長は、昨年12月にはカレム・シャロム通行所での留め置きで、12トンのイチゴが腐ってしまったと語っている。


ガザには空港も港もあるのだが、イスラエルがその使用を阻止している。また、エジプトに通じるラファ検問所も、米国の圧力を受けたエジプト政府がその使用を禁じている。


欧州市場は、ガザの商品が入らなければ他の輸入先を探すだろう。ガザにとって、これは長期的被害を意味する。また、優秀農家はエジプトへ逃げだしており、これまで蓄積してきた生産ノウハウを失うことにもなりかねない。


今年は、保守ユダヤ教徒が、非ユダヤ教徒が生産した食べ物を食する7年に1度のシミタの年に当たる。ということは、少なくとも、この国境閉鎖は、イスラエルの伝統にも反することになる。国境閉鎖で壊滅的被害を受けているガザのイチゴについて報告する。(原文へ


翻訳/サマリー=IPS Japan浅霧勝浩


関連記事:

輸出封鎖に苦しむ生花業者