www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER

|メディア|政治的な圧力に直面する公共放送

【ローマIPS=ロビン・ヴァン・デル・ヴェルデン

 

いくつかの欧米諸国においては公共放送が日増しに政治的圧力に晒されている。その傾向が最も顕著なのは巨大メディア企業Mediasetグループのオーナーシルビオ・ベルルスコーニが首相を務めるイタリア放送界である(民放4局の内3局と、かつては政党間の異なる主張を反映していた3つの国営放送を批判的な職員の解雇等を通じて掌握)。「(今日のメディアの)独占はイタリア民主主義への脅威であるとともに、国内法に違反するものです」とベルルスコーニ政権下の公共放送の現状を分析した著書「政権:Regime」の著者トラヴァグリオは語った。

米国では、公共放送を統括する8人で構成される理事会(米国内のテレビ、ラジオ公共放送への3億8,680万ドルにのぼる補助金を掌握)の6人を共和党代表者が占めており、最近も放送業界出身者の理事拡大動議を阻止するなど党派色を強めている。スペインでも、昨年の政権交代を契機にテレビ、ラジオ公共放送の改革を巡る議論が続いている。政治的な圧力に直面する各国の状況を報告する。(原文へ

翻訳/サマリー=IPS Japan浅霧勝浩