www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER

|米国|上院委員会、ブッシュ大統領任命の国連大使候補の推薦を拒絶する

【ニューヨークIPS=ウィリアム・フィッシャー

 

ボルトン国務次官(軍縮担当)の国連大使任命承認を巡る審議をしていた上院外交委員会(民主党8、共和党10)は、その動向が承認可否の鍵を握ると注目されていた共和党議員ジョージ・ボイノヴィッチが、ボルトン推薦に強硬に反対したことから、10対8で承認否決の事態は回避したものの、共和党の委員全員が異例の「委員会推薦なし」の裁定を下し、最終的な任命承認の可否は上院本会議に委ねられることとなった。

ボルトン氏は、国連に関する過去の辛らつな発言の数々や、政府内の同僚や部下との軋轢等が同委員会の審査期間を通じて問題視され、同氏を任命した大統領と同じ党の共和党委員からも推薦に関して異例の慎重論が相次いだ(ボルトンの国連大使職への推薦に関しては、直接の上司であったコリーン・パウエル氏を除く生存中の全ての元国務次官が推薦する一方、100人を超える現役・元大使が同氏の任命に反対の立場を明確にしている)。ボルトン承認を巡る上院外交委員会での諸議論と報告する。(原文へ

翻訳/サマリー=IPS Japan浅霧勝浩