www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER

│北朝鮮│民衆の腹をすかせて核兵器?

【ソウル/ニューヨークIDN-InDepth News=タリフ・ディーン】

 

北朝鮮による核実験は、金正日総書記が、北朝鮮の軍事的地位を格上げし、政治的影響力を増すことを狙ったものであろう。

かつて、パキスタンのある元首相が、「たとえ民衆が草を食むような生活にまで落ち込んだとしても、パキスタンは核兵器を製造する決意だと述べた。」と伝えられる。民衆の腹をすかせてまで核兵器開発に走る状況は、まさに今の北朝鮮に当てはまる。


まもなく退任する
国際原子力機関(IAEAのモハメド・エルバラダイ事務局長は、「核軍縮に向かって抜本的な措置が取られなければ、今後数年のうちに核兵器国が10~20出てきてもおかしくない」と語った。

逆に、北朝鮮の核実験のような行動が、核兵器国による軍縮を遅らせる効果も懸念される。


6月12日、
国連安全保障理事会は、全会一致で北朝鮮への制裁決議を採択した。決議は初めて、北朝鮮を出入りする貨物の検査を加盟国に求めた。


しかし、北朝鮮側は、国連の偽善と二重基準を厳しく批判している。北朝鮮政府の声明は、「今回我が国が行った核実験は、世界で2054番目の核実験である。国連安保理の5大国はこれまで、核実験全体の99.99%を行ってきた」と述べた。

 
「核兵器アーカイブ」のキャリー・サブレット氏によれば、これまでに確かに2054回の核実験が行われ、そのうち、5大国以外によるものは13回であるという。すなわち、5大国による占有率は99.37%だ。北朝鮮の言うことはあながち外れていない、とサブレット氏は語った。(
原文へ


翻訳/サマリー=山口響/IPS Japan浅霧勝浩



関連記事:

緊急性を増した核軍縮(ミハイル・ゴルバチョフ)
ミサイルによる威嚇は通用しない
北朝鮮が直面する食糧危機