www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER

|エチオピア|3度目の選挙、野党にチャンスはあるか?

【アディスアベバIPS=アンドリュー・ヒーブンス】

 

今週、エチオピアは5月15日の国会議員選挙戦(547議席)で沸き返っており、30万人に及ぶ人々が、首都アジスアベバの通りに繰り出し、与党エチオピア人民革命民主戦線(EPRDF)及び統一民主連合(CUD)等の野党諸党(候補者は36の諸政党から出馬)をそれぞれ応援した。

選挙の行方は14年間政権を維持してきたEPRDFが勝利するものと見られているが、首都においては野党の躍進が予想されている。一方、全般的に平和裏に推移しているように見える選挙キャンペーンであるが、人権擁護団体ヒューマンライツ・ワッチ(HRW等は水面下で反体制派に対する逮捕、拷問、最も人口が多いオロモ地域における住民監視が行われていると指摘している。(EPRDFHRW報告書を偏見に満ちた根拠がないものと否定している)エチオピア史上3度目の民主選挙を巡る与野党の攻防、外国オブザーバー(ジミー・カーター元米大統領を含む300人以上が国内各地に展開している)の諸見解を報告する。(原文へ

翻訳/サマリー=IPS Japan浅霧勝浩

関連記事:

|エチオピア|予定されている国会選挙はとんだ「茶番劇