www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER
|中東|ガザ漁民とイスラエル海軍との攻防

【ラマラ(ウエストバンク)IPS=メル・フリクバーグ】

 

イスラエル海兵隊は最近、ガザ沿岸7海里で操業していたパレスチナ漁船から国際平和活動家3人を連れ去った。彼らは、漁師がイスラエル海軍の銃撃や逮捕を受けずに1日の仕事に従事できるよう、パレスチナ漁師15人に付き添っていたのだ。

パレスチナ人の権利擁護団体「国際連帯運動」(ISM)のメンバーである米国人のダーレーン・ワレック(57)、英国人のアンドリュー・マンシー(34)、イタリア人のヴィットリオ・アリッゴニ(33)の3人は、漁民に付き添っている際イスラエルの砲艦2隻と小型海軍船5隻に包囲されてしまった。


20人の海兵隊員が漁船に乗り移り、ティーザーや銃を突きつけてISMメンバーとパレスチナ漁師を海軍船に移動させた。イスラエルの領海から遥か離れたパレスチナの領海であったにも拘わらず、連帯の活動家はテルアビブのベングリオン国際空港にある拘置所に移送され、そこから強制送還された。パレスチナの漁師たちは、取り調べの後ガザへ送り返された。


ガサの漁師たちが、命と財産の危険をも顧みず日々の生活のためイスラエル海軍に追われながら操業しているのを知り、活動家たちは最近数カ月間、彼らの毎日の漁に付き添っていたのである。


1994年のオスロ合意の下では、ガザの漁師は沖合20海里の出漁を認められていた。2000年の第2抵抗運動、インティファーダの勃発、イスラエル兵士の拘束、イスラム抵抗組織ハマスの領土奪取後、イスラエルは治安を理由にこれを6海里に短縮した。


イスラエルの規制線を乗り越えたとして過去2年間に3人のパレスチナ人漁師が射殺されたが、例え制限内に留まっていても銃撃は避けられない。多くの漁師が怪我をし、漁船を没収され、返還された時には漁に必要な機材は無くなっている。


イスラエルの人道団体「ベツレム」は、報告書の中で、イスラエル海軍は逮捕された漁師の多くに屈辱や虐待を加えていると述べている。


国際活動家とともに逮捕された漁師の1人、カレド・アル・ハビール氏は、「通常、イスラエル兵は自動火器で漁船および漁船周辺を撃ってくる。そして高圧水砲で漁船に水をかける。逮捕すると、下着姿にして海に飛び込ませ、冬でも泳いで彼らの船まで行かせるのだ。そこで手錠されイスラエルの尋問センターに連れていかれる」と語る。


国連は、採算性の高い大型魚群に近づくためには、ガザから少なくとも12-15海里の沖合に出る必要があると予測する。


浅瀬の乱獲により沿岸付近の小型魚群は殆ど獲りつくされ、回復の可能性はない。更に沖に出れば、より採算性の高いマグロもいるのだが。


1回の漁のコストは、漁船、魚網/乗組員のサイズにより125ドルから625ドルかかる。多くの漁師はコストを賄うだけの魚を獲ることができないが、漁に出る以外の選択肢はない。


国連によれば、パレスチナの月間漁獲総量は、2000年6月の823トンから2006年後半には50トンに減少したという。


90年代末には、ガザの漁業は年間1千万ドル、国内総生産の4パーセントの収入をあげ、魚の一部は輸出され、残りは国内市場を満たしていた。


2001年から2006年の間に、この収入は半減した。栄養失調に苦しみ必要な医療サービスも受けられず貧困、失業に苦しむガザ市民は、現在イスラエルから魚を輸入しなければならない状態だ。


ガザで約10年活動を行っているデンマーク国際開発支援(DANIDA)のフィン・エッベセン氏は、「市場は魚に餓えているが、彼らを養うに十分な漁獲はない」と語る。


国連食糧機関(WFP)パレスチナ領土オペレーションのジャン・ルーク・シブロ元代表は、「これがすべてを失った人々の状況であり、彼らの食糧安全保障は極めて不安定だ」と語る。


漁民支援のため、WFPは数年前、実施機関のDANIDAと共に漁民1,470世帯あるいは最も深刻な紛争被害を受けている8,820人を対象に「仕事のための食糧・訓練のための食糧」プロジェクトを開始した。


シブロ氏は、「家庭にとって最も大切なのは、彼らが直面している人道危機の影響を緩和するためのクッションとなる生活費獲得の代替方法を探すことである。食糧支援物資を提供することで、WFPは彼らがそうできるよう支援していこうとしている」と語る。


漁船と魚網の保全用にガザの漁民は、WFPから毎月小麦粉、砂糖、オリーブ油、レンズ豆の配給を受けている。


しかし、イスラエルは、ガザに対する輸出入禁止策を取っており、2007年6月に
ハマスが政権を取って(2006年の選挙で合法的に政権を樹立)以来、国境を閉鎖。時々最低量の支援物資輸送のため気まぐれ的な国境開放を行うのみだ。


最近数週間は殆ど完全封鎖状態で、1回2-3時間の開放を時々行っているだけだ。これによりガザへの人道支援物資は極度に制限され、ガザ市民生き残りのための支援プロジェクトも機能しない状況だ。(原文へ


翻訳=IPS Japan浅霧勝浩


関連記事:

|イスラエル-パレスチナ|古い対立をかき消す新たなメッセージ



|米国|ムンバイ事件は地域戦略にとって大きな痛手

 

【ワシントンIPS=ジム・ローブ】

 

170人を超える死亡者を出したムンバイ・テロ事件から1週間、米担当官は核武装国インドとパキスタンの全面対決を避けようと動き出した。

ライス国務長官は12月3日、ニューデリーを訪れ、インド指導者に対して如何なる報復も思わぬ結果、困難をもたらすと警告。時を同じくして、マイケル・マレン米統合参謀部議長はイスラマバードでパキスタン政府および軍に対し如何なる調査にも協力するよう、また同事件に関係したグループに対する厳重な取り締まりを行うよう圧力をかけた。


ライス長官は翌日パキスタンのザルダリ大統領およびカヤニ軍最高司令官と会談するためインドを後にしたが、直前の記者会見で、パキスタン政府の対応は協力的、行動的でなければならないと厳しい口調で語った。

|紅海|アラブ安全保障を脅かす海賊監視戦隊

 

【カイロIPS=アダム・モロー&カレド・ムッサ・アルオムラニ】

 

11月20日カイロにおいて、エジプトおよびイエメン主催による海賊取り締まり会議が行われた。同会議には、両国の他にサウジアラビア、スーダン、ヨルダン、ソマリア、エリトリア、ジブチ代表が参加。特にエジプトは、紅海と地中海を繋ぐスエズ運河の使用料を主要外貨源としているため、この問題を深刻に受け止めている。

最近数カ月、特にソマリア沖アデン湾の海賊行為が増加している。国際海事局の統計によれば、今年だけで既に80隻を超える船舶が攻撃されている。11月15日には、サウジアラビアのスーパー・タンカー「MVシリウス」がソマリアの海賊にハイジャックされ、海賊は引き渡しの条件として巨額の身代金を要求している。その3日後には、インドの小型駆逐艦が、激しい銃撃戦の後同じアデン湾で海賊の母船を破壊したと報じられたが、後にそれはハイジャックされたタイの船舶であったことが明らかとなった。最近では、11月25日に鉄鋼を積んだイエメンの船がハイジャックされている。

|カンボジア|裁かれるクメール・ルージュ幹部は増えるのか

Former inmates of Tuol Sleng prison. Credit: Andre Nette/IPS

【プノンペンIPS=アンドリュー・ネット】

 

2009年初めまで初公判が延期されているクメール・ルージュ裁判に、新たな問題が起きている。裁判の独立性を示すために逮捕者の追加を求める圧力にどう対処するか、である。戦犯法廷で誰を起訴するかは複雑な問題で、特にカンボジアでは歴史的な事情と国内外の司法官からなる法廷システムの構造によりさらに込み入っており、合意を得るのが困難な状況だ。

現在拘束されているクメール・ルージュ幹部は5人で、トゥール・スレン虐殺の首謀者、カン・ケック・イウ別名ドゥック、クメール・ルージュNo2のヌオン・チャ、元民主カンプチア国家主席キュー・サムファン、元外相イエン・サリとその妻イエン・シリト。

|ウクライナ|戦争は選挙を引き起こし、金融危機は選挙を延期する

【ブダペストIPS=ゾルタン・ドゥジシン】

グルジアとロシアの戦争はウクライナの政争を触発した。深刻な経済危機の打撃とグルジアとの違法な武器取引問題に直面しているウクライナでは、連立与党の崩壊により、次の選挙への思惑が錯綜している。 

親欧米の民主的なユーシチェンコ大統領の「我々のウクライナ」と、ティモシェンコ首相の勢力との対立が、8月のグルジア紛争以来、和解できない状況になっている。経済危機で早期選挙は保留となったが、大統領は来年の選挙で経済危機の責任を首相に負わせたい。

|キューバ・中国|友好関係強化

【ハバナIPS=パトリシア・グロッグ

 

中国の胡錦濤主席は11月19日、2日間のキューバ訪問を終え、アジア太平洋経済協力サミット参加のためペルーへ向かった。同主席は、18日には病気療養中のフィデル・カストロ前大統領を見舞い、その様子はゴールデン・タイムのニュース番組で報道された。

ラウル・カストロ現首相は、来賓および300人の中国留学生の前で、1953年にウィーンで開催された社会・共産青年大会で習ったという毛沢東に捧げる歌を中国語で歌い、中国への謝意を表したという。(現在1,917人の中国人留学生が、キューバの大学でスペイン語、医学、看護、観光、心理学などを学んでいる)

|オーストラリア・米国|オバマ氏との争点になる可能性のあるアフガニスタン

【メルボルンIPS=スティーブン・デ・タルチンスキ】

 

オバマ次期米大統領により米国に変革が訪れるのを、オーストラリアは歓迎している。オーストラリアと超大国米国との同盟関係は揺るぎないままだろう。「これまでもこれからも両国の関係は繁栄を続ける」とラッド首相はアフリカ系アメリカ人初の米国大統領の誕生を歓迎して述べた。

オーストラリアのあらゆるメディアもすばやくオバマ氏勝利を歓迎する報道を行った。シドニー大学のUS研究センター(USSC)が選挙前に行った調査によると、オーストラリア人のほとんどがオバマ氏を支持していた。3分の1は選挙結果がオーストラリアに影響しないと答えたが、49%がオバマ氏の勝利の方が有利だと答えた。

|ネパール|過激な政治活動に走る若者たち

 

【カトマンズIPS=リタ・マンチャンダ】

 

ネパールでは、脅迫や暴力、道路封鎖、寄付の強制などマオイスト派の青年組織、ネパール共産主義青年連盟(Youth Communist League: YCL)による過激な行動が問題化しているが、プスパ・カマル・ダハル(プラチャンダ)首相は「YCLの存在があったからこそ和平プロセスが進展した」と、YCLの解体には消極的だ。

YCL
は包括的和平合意の成立した2006年11月に誕生。人民解放軍(PLA)は国軍に統合されることが決まったものの、実際には一部のPLA正規兵がYCLに異動したとされている。これによりYCLは50万もの兵力を得ることになった。

│アフガニスタン│対アフガン新戦略はどうなるか

 

【カブールIPS=アナンド・ゴパル】

 

アフガニスタンの治安状況はますます悪化し、イラクより状況が悪いのではないかとみられつつある。軍閥勢力は首都カブール近くで活動し、アフガン政府への支持はきわめて低い。そうした中、米国政府は、対アフガン戦略の練り直しを迫られている。

米国政府の中には、部族勢力に武器を流して治安維持にあたらせようとの構想がある。アフガン政府の一部もこの戦略を支持している。


しかし、この戦略が機能するのは、パキスタン国境沿いのホースト、パクティヤー、パクティーカーの各州だけではないかとの意見もある。ここでは、部族の力がいまだ強く、中央政府の権威が及んでいないからだ。部族の一部はすでに、パシュトゥン族の伝統的な自衛組織であるアルバカイを作っている。NATO軍のマクニール司令官も、今年初め、アルバカイが機能しているのはこれらの州だけだとの見方を示している。

|権利|ブッシュの民主アジェンダ、シリアで躓く


【ワシントンIPS=アリ・ガリブ&ザイナブ・ミネエイア】

国際社会/メディアの関心が米軍のシリア越境攻撃に集中する中、シリア政府は10月29日、密かに民主主義活動家グループに30か月の懲役刑を言い渡した。ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)はシリアのバッシャール・アル・アサド大統領に対し有罪判決の即時撤回と2007年後半から2008年初めに行われたダマスカス宣言運動弾圧で逮捕された活動家の釈放を要求する声明を発した。

ダマスカス宣言フォーラムに参加し逮捕された40人の活動家の内未だ拘束されていた12人に対し、わずか20分の裁判で厳しい刑が下された。


ヒューマン・ライツ・ウォッチ
中東のサラ・リー・ウィトソン部長は、「政府は批判を抑えるため、ただ会議に出席したというだけで民主主義活動家を投獄しようとしている。裁判は、政府の反対派弾圧を覆い隠す手段に過ぎない」と批判している。