www.facebook.com
www.twitter.com
www.linkedin.com
www.blogger.com
www.myspace.com
RSS Feeds
 
INPS JAPAN   IDN-InDepthNews - UN INSIDER

WAMアラブ通信

|リビア|「米国領事館への攻撃事件は嘆くべきこと」とUAE紙

【アブダビWAM

 

アラブ首長国連邦(UAE)の主要英字紙が、クリストファー・スティーブンス大使を含む4名の米国人が殺害されたベンガジの米国領事館襲撃を嘆く論説を報じた。

クリストファー・スティーブンス大使並びに3名の領事館員が、武装した暴徒がベンガジの米国領事館を襲撃した際に死亡したのは悲劇である。暴徒たちは、米国で制作されたアマチュアフィルムが預言者ムハンマドを冒涜したものだとして、領事館に火を放った。」とガルフ・ニュースは9月13日付の論説の中で報じた。

世界各地における米国務省職員の活動は、米国人が一個人として国内で行っている(或いは行っていない)かもしれないことと無関係である。そして、米国内におけるイスラム教徒を敵視する偏見やプロパガンダに対抗していく正しい手段は、米国内の司法手続きを経て法廷で戦うことである。「もし問題のビデオがイスラム教徒の感情を刺激する意図をもって制作されているとしたら、明らかに間違っている。しかしそれが誤りだとしても、米国の領事館を襲う行為も間違ったものであり、なんの解決策にもならない。」と同紙は付け加えた。

|イエメン|「ドローン攻撃は効果があるというよりもむしろ害となっている。」とUAE紙

 

【アブダビWAM

 

「テログループを追跡し国際テロ組織アルカイダその他の武装反乱勢力を撲滅する行為は正当なものである。しかしだからといって、その過程で無辜の人々の命が奪われることは決して許されることではない。」とアラブ首長国連邦(UAE)の英字日刊紙が報じた。

「このまま民間人の死者が増え続けると、政情不安は益々深刻化し、アルカイダに対する戦争の目的そのものが頓挫しかねないことになるだろう。犠牲者の多くは、米軍が反政府武装テロリストを抹殺する手段として採用した作戦上の手法(ドローン攻撃=人攻撃機による攻撃)が実施に移された状況の中で命を落としているのだ。」とガルフ・ニュース紙は9月7日付の論説の中で報じた。

|UAE|ヨルダンに大規模なシリア難民キャンプを設立予定

【アンマンWAM

アラブ首長国連邦(UAE)のシェイク・ハムダン・ビン・サイード・アル・ナヒヤン赤新月社(RCA)総裁は9月3日、「UAEはヨルダンのマフラクにシリア難民のためのキャンプを設営する。」と発表した。

シェイク・ハムダン総裁は、4段階からなる難民キャンプ設立計画の第1段階では、2700人のシリア難民を受け入れること、キャンプの運営はUAEの赤新月社とヨルダンのパートナー組織が共同運営する予定である旨を発表した。

「ヨルダンのシリア難民を取り巻く環境は悪化してきており、私たちは人道的な観点から、とりわけ女性と子どもに対して、適切な食料、医療、及び救援活動を速やかに提供しなければなりません。」と、現在ヨルダン国内をURE・ヨルダン移動巡回病院で移動中のシェイク・ハムダン総裁は語った。

|イスラム協力機構|UAE国連大使、ロヒンギャの人権保護を訴える

【ジュネーブWAM

 

アラブ首長国連邦(UAE)のオバイド・サレム・アル・ザービ大使(ジュネーブ国連常駐代表)は、「UAE政府は、ミャンマーで進行しているロヒンギャに対する人権侵害(殺人、脅迫、強制退去、家屋や村の放火)を非難する。」と語った。

ビルマにおける人権状況について協議するために28日にジュネーブで開催されたイスラム協力機構OIC:1969年設立。イスラム諸国57カ国で構成)大使級会合に出席したザービ大使は、「UAEは、OICのイニシャチブ支援を通じてミャンマーにおけるロヒンギャ迫害を止めさせ、彼らの権利を保護するための措置を講じるよう、率先して国際社会に対し強く訴えかけてきました。また、UAEは、国連人権委員会に対してロヒンギャが直面している人権状況を協議する臨時会合の開催を呼びかけています。」と語った。

|南アフリカ|「パレスチナ占領地」製品の表記義務付けを決定

【アブダビWAM

 

アラブ首長国連邦(UAE)の日刊紙は、南アフリカ共和国が新たに導入した輸入政策について、「イスラエル占領下にあるパレスチナの人々の苦難に光をあてる重要な政策」と賞賛した。

パレスチナの人々は、依然としてイスラエルの占領下での暮らしを強いられているが、全ての基本的人権を享有している。イスラエル政府が彼らの権利の多くを奪ったからといって、パレスチナの人々が今日の窮状から脱する希望までもが閉ざされてしまっている訳ではない。」と英字日刊紙「ガルフ・ニュース」は8月24日付の社説の中で強調した。

|UAE|ボランティア「大使ら」がシリア難民とイド・アル=フィトルを祝う

 

【アブダビWAM

 

アラブ首長国連邦(UAE)のザイード・ギビング・イニシアチブが派遣したボランティア「大使ら」が、ヨルダンの難民キャンプに身を寄せているシリア難民たちとともに、イド・アル=フィトル(ラマダンの終了を祝うイスラム教の祝日)を祝った。

ボランティア「大使ら」は、内戦悪化で家を後にした子供たちのためにイド・アル=フィトルならではのイベントを催し、子どもたちの笑顔を誘った。

このイニシャチブは、2009年にシェイカ・ファティマ(アラブ女性連合会と家族開発財団)会長の後援を得て開始された「百万人ボランティアキャンペーン(One Million Volunteers Campaign)」の監修のもとに実施されたものである。

また一連の祝祭行事は、アラブ女性連合会、在ヨルダンUAE大使館、UAE赤新月社、並びにヨルダン側関係団体の共催で開催された。

ボランティア「大使ら」は、各地の難民キャンプを訪れ、祝いの言葉とともに子供たちに贈り物をプレゼントして廻った。

アラブ女性連合会のノーラ・アル・スワイディ事務総長は、「私たちの大使であるボランティアらはイド・アル=フィトルを祝う数多くの行事を実施することで、人道に基づく慈善活動の良いモデルとなっている。」と語った。(原文へ

翻訳=IPS Japan

 

 

関連記事:
UAE|貧困に喘ぐ子供たちへの慈善活動「ドバイケア」5周年を迎える
ヘッドラインの向こうにあるヒューマンドラマを映し出すフィルム・フェスティバル
シリア・クルド勢力の北部地域奪取に、ジレンマに直面するトルコ

 

|アジア|「日中両国は、危険なナショナリズムを鎮めるべき」とUAE紙

【アブダビWAM

 

「ナショナリズムと経済的利益は、とりわけ、先の大戦の記憶が生々しい東アジアでは危険な取り合わせである。」「政府による軍事的な威嚇が紛争に発展する可能性もある。」と、アラブ首長国連邦(UAE)の英字日刊紙が報じた。

「日中政府は、国内の政治状況に関わらず、国民感情を鎮静化させ、両国間の領土問題を国際的な仲裁に付託し、恒久的な解決をめざさなければならない。東アジアという世界有数の緊張地帯において、その他の方法を模索することは、余りにも大きなリスクを伴うことになる。」と、ガルフ・ニュース紙は「東シナ海の無人諸島の支配を巡る日中間の対立」と題した論説の中で報じた。

|UAE|貧困に喘ぐ子供たちへの慈善活動「ドバイケア」5周年を迎える

【ドバイWAM

 

「『ドバイケア』は、全ての人々に、持てる者たちが持たざる者たちを支援するという慈善活動を鼓舞するよき前例となるべきものである。」とアラブ首長国連邦(UAE)の英字日刊紙が報じた。

ガルフ・ニュース紙は、「ドバイケア」設立5周年を記念して、「5年前にドバイ政府によって設立されたこの慈善組織は、28カ国において各種初等教育プログラムを展開し、700万人の子供たちに支援の手を差し伸べてきた。」と報じた。

|UAE|ホルムズ海峡を迂回するハブシャン-フジャイラ石油パイプラインが開通

【フジャイラWAM

 

モハメド・ビン・ダーン・アル・ハムリ石油相は15日、「ハブシャン-フジャイラ石油パイプライ」の開通式に出席した。これは、UAEの首都アブダビのハブシャン油田とオマーン湾に面する同国東部フジャイラ港の約370キロを結ぶ陸上パイプラインである。

「本日は、パキスタンの製油所向けの50万バレルの原油が、アブダビとフジャイラを結ぶ新たなパイプラインを通じて運ばれた。」とパイプラインプロジェクトを運営している国際石油投資社International Petroleum Investment Company, IPIC)のカデム・アルクバイシ常務は語った。

豪華客船「クイーンエリザベス2」がドバイで水上ホテルとしてオープン予定

【ドバイWAM

 

40年余りの就役期間を経て2008年に引退した「クイーンエリザベス2QE2)」が、最終係留地であるアラブ首長国連邦(UAE)において新たに水上ホテルとしてオープンする予定である。

この記者発表は、イスティスマール・ワールド社QE2を2007年に購入)とDP(ドバイ・ポーツ)ワールド社によって、7月2日に行われた。両社は、かつて2900人以上の乗客に船旅を提供したQE2は、ドバイの中心に位置するラシッド港に係留した水上ホテルとして、新たな観光の目玉になるだろうと語った。またラシッド港を所有するDPワールド社は、マリン観光需要の高まりに対処するために、港湾施設を拡大整備する意向を発表した。